事業内容

外断熱工法

外断熱工法とは、コンクリート建物の外側全体を断熱材で覆う工法です。

特徴

高耐久

建物の外側に断熱材を施工するため、建物躯体の伸縮膨張を少なくし建物が長生きします。スクラップアンドビルドからストック型社会への移行に対応します。

環境保護

建物内への夏の暑さや冬の寒さを遮るとともに、エアコン等の稼働が少なくても快適な室温が維持されるため省エネです。

健康

建物の躯体が室温と同調するために室内に結露が発生しないため、カビ・ダニ等の発生が抑えられアレルギー予防になります。また、建物内の室温に温度差が発生しづらいため、冬場の居間とトイレの間で起こるヒートショック等を防ぎます。

リンク

バナー:外断熱情報ステーション【ソトエコ】

このページのトップへ